災害に備えるBCP(事業継続計画)策定に関するポイントセミナーを開催

2019年11月20日

 令和元年11月20日(水)、当協会、(一社)日本補償コンサルタント協会関東支部栃木県部会並びに(一社)栃木県地質調査業協会の3団体主催のもと、とちぎ青少年センターにおいて、「災害に備えるBCP(事業継続計画)策定に関するポイントセミナー」を開催しました。

 近年における頻発・激甚化する自然災害等を踏まえ、事業継続性確保のための具体的な取組として、BCP策定の必要性について関心が高まっており、BCP策定の支援を図るため本セミナーを企画したものであります。

 セミナーでは、主催者を代表して、当協会の堀江会長が挨拶後、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 営業支援部 調査役 松島 輝夫 氏を講師にお迎えし、災害時におけるBCPの必要性について説明があり、それらを踏まえた企業としての必要な対応について、具体的事例を交えて分かりやすく解説していただきました。

 受講者は、本セミナーを通して、BCP(業務継続計画)の理解を深め、今後の業務に活かしていくこととしました。

 参加者は、26名でした。